肌本来の自然治癒力を上げるケアも大切!

肌内部で水分を蓄えると同時に、肌の基礎体力をUPさせてくれる「コラーゲン」。セラミド、ヒアルロン酸との相乗効果もあるので、弱った肌をやさしくいたわりながら、回復を助けてくれます。アトピースキンケアは、守るケアだけではなく、基礎力を上げるケアで辛いアトピーを卒業しましょう。

コラーゲンって何?

細胞と細胞を繋げるセメントのような役割をしていて減少するとお肌がかさつく、シミ、シワをいった老化が始まります。また、アミノ酸で出来ていてダメージお肌を修復する効果があります。当社のコラーゲンはペプチドという分子が大変小さい状態になっている為とても浸透がよく保湿されます。馬油の上からご使用頂くことで浸透性が高くなります。

コラーゲンの効果

*肌のかさつき・シミ・シワ *関節痛・骨粗鬆症                   *髪の毛が細くなる・抜け毛                   *高血圧・動脈硬化の方に

コラーゲン配合石鹸 アトピーにも大丈夫!

●ネオナチュラル 池田さんの無添加石鹸 コラーゲンの石鹸

成  分: 石鹸素地(馬油油脂)、水、コラーゲン(スカールコラーゲン)、グリセリン、シルクパウダー、オリーブスクワラン、ローズヒップオイル、海水天然塩、グラニュー糖

●トーア株式会社 コラーゲン高配合 馬油石けん 潤

【原材料】馬脂肪・コラーゲン
【成分】馬油、スクロース、水、グリセリン、ステアリン酸、オレイン酸、パルチミン酸、水酸化Na、ミリスチン酸、ラウリン酸、エタノール、ラワロイルグルタミン酸Na、水溶性コラーゲン、トコフェロール、ダイズ油(成分は全て天然素材です。添加物使用なし)

● – 無添加石鹸と雑貨のお店 M plus Beauty – 【メイクも落とせる無添加クチャ石鹸】秘密の熟成レアソープ(100g)

石鹸素地、シルト岩(クチャ)、ノニエキス、熟成純黒蜜、フコイダン(沖縄モズク由来)、月桃エキス、シークヮーサーエキス、レモングラスエキス

アトピーケア
アトピーや皮膚湿疹のケアランキング。ウソ偽り一切無し!全て実体験や口コミによる比較ランキングです。

 

 

石鹸でメイクを上手に落とす方法

まず大前提として、メイク落としの際には、極力肌へ負荷がかからないように気をつけなければなりません。肌はとても傷つきやすいため、爪が当たるどころか、指の平で擦り過ぎるのも良くはありません。また、洗顔は毎日行うものなので、その小さなダメージが蓄積していき、結果として、肌の調子が悪くなってしまい、色々な肌トラブルの原因となるのです。

洗顔の仕方よる肌への負荷は、洗顔の回数が増えるにつれ、負荷が増すため、オイルでもクレンジング剤でも同じ事がいえます。オイルと石鹸を使ったダブル洗顔は、肌への負担が大きいと思われがちですが、クレンジング剤のあとに洗顔をしても、指で肌を擦るような洗顔を行っている場合は、どちらも負荷が高い状態にあります。むしろ、洗い残しや、汚れが落ちていなければ、まずますアトピーの悪化を招く結果となります。

オイルを使ったダブル洗顔か、クレンジング剤を使うかを迷う前に、肌への負担が少ない洗顔を心がけるようにしましょう。
石鹸の場合は、いかにきめ細かなモチモチの泡が作れるかが勝負となります。

薄いメイクで、石鹸で落ちやすい素材のものであれば、十分に泡立てた石鹸を使った洗顔でも落とす事が出来ます。しかし、石鹸だけでは落ちない場合は、クレンジング剤を使うか、オイルを使う事になります。アトピーの人はだいたい、ファンデーションはミネラルファンデーションだと思いますが、クレンジング剤を使うと、簡単にメイクは落ちます。これは便利なのか、肌への負担が大きいのか悩ましい所なのです。そのため、クレンジング剤を利用する場合は、利便性よりも、自身の肌にあっている、肌への負荷の少ないものを利用しましょう。いくら簡単にメイクがおちても洗浄力の強すぎるクレンジング剤は、長期的に肌を痛めます。

無添加石鹸の色々な製法

<<釜炊き製法とは>>

無添加石鹸本舗の丸菱石鹸では、大きな釜に、原料となる天然植物油と苛性ソーダを入れ、薪で火力を上げ約3日かけてじっくりと炊き上げてゆきます。 炊き上げた石鹸は何工程にも分けて自然乾燥させ、熟成させてゆきます。短いもので数十日、長いものならなんと3年もの熟成期間を設けています。 その後、人の手で切り分け包装してゆきます。
※原料の天然植物油は原料本来の色や栄養分、香りをそのまま残したものを使用しております。

<<コールドプロセス製法とは>>

無添加石鹸本舗の丸菱石鹸のもうひとつの製法は、生の油から火を使わず油そのものと苛性ソーダの化学反応熱だけで石鹸にしてゆきます。原料の油に含まれるグリセリン(保湿成分)などの栄養分を豊富に残した贅沢な石鹸に仕上がります。また、油のそれぞれの特色を生かしたバラエティ豊かな石鹸を作り上げることが可能です。 釜炊き製法に比べ早く出来上がりますが、使用感を上げるためにはしばらくの熟成が必要です。 コールドプロセスはレシピが命。油や配合物の性質を見極め、それぞれの特徴を生かしたきちんとした配合のレシピを作り出し、その通りに正確に作れるのは職人の経験の成せる業です。

 

池田さんの石鹸は有名ですよね。石鹸職人たちが、実際に試食して商品を出荷しており、食べられるほどお肌にやさしい石鹸です。

使用する原料は、馬油ならば、九州古閑牧場の国産馬油等、生産者の顔の見える素材で作っています。

釜焚き製法は、油脂が持っている天然成分の働きを損なわず、その油脂本来の特性が生きる伝統的な製法で「釜焚き10年」などといわれ、熟練の技が必要になります。ネオナチュラルの場合は、原料の油脂をそのまま鍋の中で鹸化し、                      塩析(石けん成分を分離する工程)を行わず、配合した素材の成分をそのまま石けんに残す手法をとっています。
この方法は、自然素材の質の影響が非常に出やすく、品質が安定しにくいため、決して効率がよい方法ではありません。                       しかし生産者が丹誠込めて育てた素材の持ち味を、そのまま石けんの中に残すことが出来る、大変優れた製法なのです。
とても手間のかかる窯焚き鹸化法で一窯ごとに何回も試食をして、出来上がりを確かめるほどのこだわりです。
石鹸に使用する素材は、全て食べられる素材ということにこだわっており、化学成分は一切使用していません。

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーとは?

洗浄成分が石けんであるということです。

シャンプーは大きく分けて、市販で手に入れやすい高級アルコールシャンプーと石鹸シャンプー、今話題の頭皮のことを考えて作られたアミノ酸シャンプーの3つがあります。

●高級アルコールシャンプーは、洗浄力も強く、泡立ちもいい、洗い上がりもいい(ように見える)、香りもあるものもあります。
しかし、抜け毛や薄毛、白髪の原因となりやすく、体内に侵入して肝臓や腎臓などの細胞を破壊するなど、不安要素があまりに多いのです。
●石けんシャンプーは、最初の内、使いづらいし、洗い上がりもよくありません。ゴワゴワします。しかし、髪や地肌、環境を損なわないという安心と安全性があります。使っている内に、髪自身がもつ自然治癒力で髪に健康がもどり、きれいになるというわけです。

現在、市場には、ノーマルヘア用、ダメージヘア用、オイリーヘア用、フケ・かゆみ止め成分配合と、あらゆる髪質、悩みに対応したシャンプー、リンスが出回っていますが、スーパーやコンビニに並ぶシャンプーは、例え原料が100パーセント植物と書かれていても、全て高級アルコールシャンプーと考えた方が良いでしょう。美容室で勧められた海藻シャンプーでさえ、高級アルコールシャンプーと変わらないものである場合もあります。

<石鹸シャンプーの見分け方>

1.まず、成分表示をチェックしましょう。

ドラッグストアなどのシャンプーコーナーを見ると、たくさんの種類のシャンプー剤が並んでいますよね。
この中で、どれが石鹸シャンプーなのか?それを見分けるには、商品の成分表示を見るのが一番です。

石けん素地(カリ石けん素地)、石けん分(純石けん分)、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム、が主成分であれば、石鹸シャンプーと言えます。 多くの商品には、これらの主成分に保湿剤や香料、金属封鎖剤(CMC)、酸化防止剤、保存料などの添加物が配合されています(主成分だけの、無添加石けんシャンプーももちろんあります。アトピー肌の人はこちらの方が良いでしょう)。

アトピーのための保湿石鹸ってどんなの?

アトピーのための保湿石鹸で注目する点は、絶対条件として合成界面活性剤や防腐剤等の化学物質薬が入っていないこと!その他に3つあります。

  • 保湿力…人間の皮脂に多く含まれる保湿成分が豊富に含まれている石鹸が◎。
  • 製法(保湿成分の含有量)…機械練りに比べ、有効成分を25%以上含有できる「枠練り乾燥」のものがベター。
  • 口コミ評判…潤い効果や洗い心地は、口コミで選ぶのが一番!

あとは、肌にあっているかどうか使ってみて試します。

口コミで乾燥アトピーの方の愛用者が多く、高評価を得ているアイテムが「コラージュD」です。

乾燥肌用というだけあって洗い上がりはつっぱらず、肌に優しい洗い上がりです。溶けやすいのでお風呂場に置く際はフタ付き容器が必要のようですよ。

[ 成分 ] TEA、ステアリン酸TEA、牛脂脂肪酸Na、グリセリン、水、ヤシ脂肪酸Na、ヒマシ脂肪酸Na、牛脂脂肪酸TEA、コカミドDEA、ジイソステアリン  酸ポリグリセリル-2、オレイン酸TEA、ヤシ脂肪酸TEA、ヒマシ脂肪酸TEA、トコフェロール

抗酸化作用や抗菌作用の成分も配合されています。

じゅくじゅくしてる部分でも痛くない。洗い上がりの突っ張りもなく、アトピーの調子がいい時は、化粧水をつけなくても突っ張りません。オイルを付けた時は、この石鹸だけでは、ぬるぬるは取れないなどの口コミがあり。

3種類の石鹸があります。乾燥肌用の固形石鹸、液体せっけん、泡タイプ洗顔料フェイシャルソープです。