タグ別アーカイブ: 石鹸

肌本来の自然治癒力を上げるケアも大切!

肌内部で水分を蓄えると同時に、肌の基礎体力をUPさせてくれる「コラーゲン」。セラミド、ヒアルロン酸との相乗効果もあるので、弱った肌をやさしくいたわりながら、回復を助けてくれます。アトピースキンケアは、守るケアだけではなく、基礎力を上げるケアで辛いアトピーを卒業しましょう。

コラーゲンって何?

細胞と細胞を繋げるセメントのような役割をしていて減少するとお肌がかさつく、シミ、シワをいった老化が始まります。また、アミノ酸で出来ていてダメージお肌を修復する効果があります。当社のコラーゲンはペプチドという分子が大変小さい状態になっている為とても浸透がよく保湿されます。馬油の上からご使用頂くことで浸透性が高くなります。

コラーゲンの効果

*肌のかさつき・シミ・シワ *関節痛・骨粗鬆症                   *髪の毛が細くなる・抜け毛                   *高血圧・動脈硬化の方に

コラーゲン配合石鹸 アトピーにも大丈夫!

●ネオナチュラル 池田さんの無添加石鹸 コラーゲンの石鹸

成  分: 石鹸素地(馬油油脂)、水、コラーゲン(スカールコラーゲン)、グリセリン、シルクパウダー、オリーブスクワラン、ローズヒップオイル、海水天然塩、グラニュー糖

●トーア株式会社 コラーゲン高配合 馬油石けん 潤

【原材料】馬脂肪・コラーゲン
【成分】馬油、スクロース、水、グリセリン、ステアリン酸、オレイン酸、パルチミン酸、水酸化Na、ミリスチン酸、ラウリン酸、エタノール、ラワロイルグルタミン酸Na、水溶性コラーゲン、トコフェロール、ダイズ油(成分は全て天然素材です。添加物使用なし)

● – 無添加石鹸と雑貨のお店 M plus Beauty – 【メイクも落とせる無添加クチャ石鹸】秘密の熟成レアソープ(100g)

石鹸素地、シルト岩(クチャ)、ノニエキス、熟成純黒蜜、フコイダン(沖縄モズク由来)、月桃エキス、シークヮーサーエキス、レモングラスエキス

アトピーケア
アトピーや皮膚湿疹のケアランキング。ウソ偽り一切無し!全て実体験や口コミによる比較ランキングです。

 

 

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーとは?

洗浄成分が石けんであるということです。

シャンプーは大きく分けて、市販で手に入れやすい高級アルコールシャンプーと石鹸シャンプー、今話題の頭皮のことを考えて作られたアミノ酸シャンプーの3つがあります。

●高級アルコールシャンプーは、洗浄力も強く、泡立ちもいい、洗い上がりもいい(ように見える)、香りもあるものもあります。
しかし、抜け毛や薄毛、白髪の原因となりやすく、体内に侵入して肝臓や腎臓などの細胞を破壊するなど、不安要素があまりに多いのです。
●石けんシャンプーは、最初の内、使いづらいし、洗い上がりもよくありません。ゴワゴワします。しかし、髪や地肌、環境を損なわないという安心と安全性があります。使っている内に、髪自身がもつ自然治癒力で髪に健康がもどり、きれいになるというわけです。

現在、市場には、ノーマルヘア用、ダメージヘア用、オイリーヘア用、フケ・かゆみ止め成分配合と、あらゆる髪質、悩みに対応したシャンプー、リンスが出回っていますが、スーパーやコンビニに並ぶシャンプーは、例え原料が100パーセント植物と書かれていても、全て高級アルコールシャンプーと考えた方が良いでしょう。美容室で勧められた海藻シャンプーでさえ、高級アルコールシャンプーと変わらないものである場合もあります。

<石鹸シャンプーの見分け方>

1.まず、成分表示をチェックしましょう。

ドラッグストアなどのシャンプーコーナーを見ると、たくさんの種類のシャンプー剤が並んでいますよね。
この中で、どれが石鹸シャンプーなのか?それを見分けるには、商品の成分表示を見るのが一番です。

石けん素地(カリ石けん素地)、石けん分(純石けん分)、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム、が主成分であれば、石鹸シャンプーと言えます。 多くの商品には、これらの主成分に保湿剤や香料、金属封鎖剤(CMC)、酸化防止剤、保存料などの添加物が配合されています(主成分だけの、無添加石けんシャンプーももちろんあります。アトピー肌の人はこちらの方が良いでしょう)。

石鹸で肌の清潔を保つことは大切です

現代病の1つで多くの方が悩まれているアトピー性皮膚炎ですが、病院に行っても改善されない方や、自分で治そうと様々な事に気をつけ、頑張っている方など、様々かと思いますが、アトピーを治すということは可能です。
食事制限をされる方も多いですが、逆にストレスとなり、続ける事が出来ずに、直ぐに元の食生活に戻ってしまうというパターンがほとんどです。
食生活が凄く悪いというわけではなく、周りの人と同じ食事をしていてもアトピーにはなってしまいます。
では、一体どのようにして改善したのかというと、1つは、石鹸です。
石鹸を使わずにお湯だけで洗うという改善方法を行っている方もいるかもしれませんが、個人的には、石鹸を使わないのは逆効果だと思います。
アトピーの改善には、肌を清潔に保つ必要があります。
出来るだけ、お風呂には毎日はいり、そしてお風呂上りには、綺麗に水気を拭き取り、化粧水などを使用して保湿を補ってあげましょう。
化粧水は、無添加のもので、抗酸化や抗菌作用のあるものがおすすめです。皮膚を清潔に保ち水分を補ってくれるものがよいでしょう。
石鹸は、自然由来の物や、無添加の物を使用しましょう。
そして、出来るだけ皮膚をこすらないようにし、手の平で肌を撫でる感じで洗い流します。
最初は、傷に染みたりしますが、石鹸を使用し、体を清潔に保つと、傷は治ってきます。治る前にかかじると意味がないので、かかじらない工夫し、早期改善を心がけましょう。
乾燥タイプのアトピーで、一番問題になるのが「肌の乾燥」です。
お風呂から上がり、五分もすれば乾燥してきます。
この乾燥を防ぐには、保湿力の強いクリームなどを使用するのではなく、最初は辛いですが、風呂上りには化粧水だけにします。
この習慣に慣れてくると、体本来の油が出てくるようになり、乾燥を防ぐ事が出来ます。
一度治る兆しが見えれば、あとは、一気に肌が回復していきます。

体・顔・髪、全身のアトピーに使えるアレッポ石鹸

アレッポ石鹸は、[ 成分 ] オリーブオイル、ローレル(月桂樹オイル)すべて自生(無農薬)の実を使用しています。
アレッポの石鹸は、市販の石けんにありがちな、合成界面活性剤・合成保存料・合成着色料・発泡剤・エデト酸/EDTA/エチドロン酸(金属イオン封鎖剤)など一切不使用の完全無添加。
アレッポの石鹸製法は、4千年伝わる伝統製法を踏襲。石鹸職人が口に含んで石鹸の味を確めながら丹精込めて作り上げます。古くからの伝統的な手法を頑固に守り抜き、釜で3昼夜もの間熱を加えながら練り上げるのです。
自然乾燥と熟成 出来上がった石鹸は、風通しの良い室内で2年間自然乾燥(熟成)させてやっと完成されます。
手作り、天日干しのため、ニオイが気になる場合もあります。
あとオリーブの性質上、どうしても目に入ると沁みるので、その点は注意が必要です。
オリーブオイルは、オレイン酸を多く含み、人の肌の脂肪酸と良く似た組成をしています。
そのため、汚れを落としつつ、脂肪酸を補うという2つの効果があります。これが洗い上がりのお肌に、滑らかな潤いを残してくれるというわけです。
また、ビタミンEをはじめとするさまざまなビタミンを豊富に含んでいます。
泡立てて使用する事をお勧めします。
肌への刺激は驚くほどないので、無添加なので掻き壊した部分についても安心です。優しく洗えて、保湿も高いので乾燥肌・敏感肌、赤ちゃんからご年配者まで年齢・性別不問で使えます!
アレッポひとつで体・顔・髪、全身のアトピーに使えるんです!
何と言っても、手間暇かけて作られたものにもかかわらず、アレッポの石鹸 EXTRA40 180g で840円 と アレッポの石鹸(ノーマル)200gというボリュームでそれぞれ525円という固形石鹸の中でも抵抗コストです。

アトピーケアに欠かせない石鹸の選び方

アトピーケアは、身の回りを清潔に保つことが大切です。そのために欠かせないのが石鹸選びです。

石鹸は、毎日使うものですよね。

ましてや、皮膚に症状の出るアトピー肌に使用する石鹸は、慎重に選ばなくてなりません。

アトピーのための石鹸の選び方のポイントをご紹介します。

<アトピーのための石鹸の選び方>

1.酸化防止剤、防腐剤、アルコール類、などが入っておらず、製造・開発の内容が提示されていて、毒性のある成分を使用していないことが分かる無添加のものです。

 2.石鹸には、ナトリウム石鹸とカリウム石鹸がありますが、低刺激のカリウム石鹸が適しています。

例え、無添加と表記されてる石鹸でも、アトピーの症状や状態もそれぞれですし、肌質もそれぞれですから肌に合う合わないは、もちろんあります。ですから、条件に合うものを色々探して試して、自分に合うもの見つけることが重要です。

合成系の洗剤を止めて、すべて石鹸系にするといのも一つの方法です。
洗顔フォームも固形のに変えて、洗濯洗剤も石鹸系のものに変えるといのも一つの手段です。

キッチンの洗剤は、非常に刺激が強く、手を一番荒らしている原因でもあります。
それを石鹸の食器洗い洗剤に変えて、ゴム手袋を天然系のものに変えるだけでも、手が荒れなくなったという口コミもあります。
合成の洗剤は、刺激が非常に強いので、洗剤系を石鹸系のアイテムにすべて変えると肌あれが少なくなったという例は少なくありません。